女性と赤ちゃん

ベビーローションはランキングでChois!〜保湿効果を期待〜

赤ちゃんに適した水

カレンダーと靴

赤ちゃんが元気に育つ為には豊富な栄養補給が必要となります。母親の母乳には赤ちゃんが必要とする栄養成分が豊富に含まれているので、母乳で育てると病気予防にも繋がると言われています。赤ちゃんも大人同様に、体の水分が足りていない状態になると脱水症状を起こす可能性があります。そういった状態を避ける為に、天然水を赤ちゃんに与えるようにしましょう。しかし新生児の場合は、母乳以外に食事や水をあげる必要が無いので、早くても生まれてから約3ヶ月後から水を与えることです。

水道水は大人が飲む分に関して、大きな影響を受けることはありませんが、体の内臓などしっかりと整っていない赤ちゃんが飲むと体を壊す可能性があります。水分補給の為に飲ませる水には充分注意を払い、水道水を与えないようにすることです。水道水は消毒されているので、病気を発症させる確率はほぼありませんが、含まれている塩素の力が大きく、赤ちゃんの内臓に耐えられない可能性があるでしょう。

赤ちゃんに適した水として硬度の低い天然水が多く選ばれています。硬度が高い硬水の場合も赤ちゃんの内臓でうまく分解することができません。自宅へ宅配するウォーターサーバーには、赤ちゃんがそのまま飲める軟水を提供しているところもあるので、ミルクや離乳食作りにとても便利なものとなるでしょう。利用を始める際には、しっかりと水の成分を調べ、赤ちゃんに適しているかを確認しておくことです。